沿革

 
郵船航空サービス株式会社
NYK Logistics
1950年代

1955年

株式会社国際旅行公社設立。IATA(国際航空運送協会)許可の航空代理店として営業を開始。

1959年

日本郵船株式会社の支援を得て社名を郵船航空サービス株式会社と改称。

 
1970年代

1979年

利用航空運送事業(国内)免許取得。

 
1980年代

1984年

利用航空運送事業(国際)免許取得。

1983年

日本郵船株式会社港湾部物流課設置。海上利用運送事業を主業務とするジャパン・インタ-モダルトランスポート(のちの株式会社ジェイアイティー)を日本に設立。

1980年前半

先行していたタイに続き、アジア各国で現地法人を設立。

1980年後半

会社買収・現地法人設立により、欧州・米州でネットワーク拡大。

1990年代

1994年

旅客事業を郵船トラベル株式会社に譲渡(同年4月設立)。

1996年

日本証券業協会に株式を店頭登録。

 
2000年代

2005年

東京証券取引所市場第一部上場。

2000年以降

東欧、BRICs地域などにも事業を展開し、グローバルな運営体制を構築。

2004年

世界的にブランド名を「NYK Logistics」へ変更し、各社の名称を統合

2007年

日本でNYKロジスティックスジャパン株式会社と株式会社ジェイアイティーが合併。

2010年代

2010年2月

郵船航空サービス株式会社と日本郵船株式会社の物流事業の事業統合に関する基本合意書締結。

2010年5月

郵船航空サービス株式会社とNYKロジスティックスジャパン株式会社の事業譲渡契約書を締結。

郵船ロジスティクス株式会社

2010年10月

郵船ロジスティクス株式会社としてスタート。

2018年1月

日本郵船株式会社による、完全子会社化の手続き完了に伴い、東京証券取引所市場第一部において上場廃止。