社長メッセージ

代表取締役社長 水島健二

郵船ロジスティクスは、世界44の国と地域に物流事業を展開するグローバル企業として、多様化する企業の社会的責任を理解し経済・環境・社会の持続的な発展に貢献するために、2017年、グループ経営理念を刷新し、これを基に中長期経営計画“TRANSFORM 2025”を策定しました。

当社はグループ経営理念に「私たちの想い(Vision)」「私たちの使命(Mission)」「私たちの価値観(Values)」を掲げ、世界中で共有しています。そして「物事の本質を見極める力"Insight"」「徹底したサービス品質"Service Quality"」「新しい価値の創造"Innovation"」という私たちの提供する価値を一層磨き、お客様とより良い関係を築いていくことが持続的な発展につながると考えています。

私たちはお客様やステークホルダーの成功だけではなく、お客様のお客様、つまり社会全体に貢献し、世界で認められ選ばれ続けるサプライチェーン・ロジスティクス企業になることを目指しています。

私たちが目指す姿とその目指す姿にどのように到達するか、そしてそれをいつ実現していくのかを“TRANSFORM 2025”に取り纏め、これを実行していきます。

郵船ロジスティクスは、新しい経営理念のもと、グループ会社一丸となって事業活動を通じて、豊かな未来の実現に貢献していきます。