域内中央倉庫(テクノロジー)

日系家電メーカーA社のケース

お客様の課題

  • 欧州マーケット向けのアジアからの長いリードタイム。
  • 需要予測の難しさ。
  • 域内各国別の部分最適/各国販社での安全在庫の積み重ねによるトータル在庫の増大。
  • 他方、言語の違いに伴った国を越えて商品融通の難しさによる欠品の発生。

ソリューション

  • 欧州各国向けの家電製品を一旦アントワープ中央倉庫に集約・保管し、欧州各エリアの拠点向けに配送手配。
  • 在庫の一元管理と中央倉庫での各国向けカスタマイズなどの付加価値サービス。

お客様のメリット

  • 統一在庫管理システム導入による全体最適の実現=トータル在庫の削減。
  • 市場動向に応じた商品の柔軟な割り当てによる販売機会損失の防止。