Jun 06, 2016

改正SOLAS条約に関するご案内

IMO(国際海事局)によって定められた改正SOLAS条約が本年7月1日船積分から適用されます。つきましては、改正SOLAS条約に関する概略ご説明を以下のとおりご案内いたします。              

 

背景

IMO(International Maritime Organization/国際海事機関)が定める「海上人命条約(SOLAS条約)」は従前より国際海上輸出コンテナの総重量を船長に提出することを荷送人に義務付けていましたが、総重量の誤申告に起因するとみられる事故が発生しつづけています。こうした状況のもと、IMOはこの度SOLAS条約を改正し、船積み前に船会社、港湾に対し、正確なコンテナ総重量(verified gross mass)の事前連絡が必要との内容を纏め、IMO加盟国に対しこのルールの遵守を促しています。これを受け、IMO加盟国は独自の、もしくは改正条約に追加条件を付け足す形をもって、各国の法令に即したルールを制定することとなりました。当改正は、2016年7月1日から適用されることとなっています。

 

必須事項

改正SOLAS条約においては、荷送人(船会社のB/L上に荷送人として記載される者)は、定められた方法で確定したコンテナ総重量情報を船長(もしくは代理人)へ提供しなければならないとしています。

 

総重量の測定方法

総重量の測定は、輸出国の規格に則った測量器をもって、下記1,2の方法のいずれかになります。

   方法1 : バンニング後のコンテナの総重量を測量

   方法2 : 測量された貨物の重量とコンテナ自重を足し合わせる

 

SHIPPERが電子的/手書きで作成するコンテナ総重量が記載された船積書類は、CYカット日までに船会社へ提出しなければなりません。各詳細(手順、書類など)については、現地法/国際法に記載されます。郵船ロジスティクスのNVOCCサービスにおいて、郵船ロジスティクスが船会社に連絡するコンテナ総重量は、実荷主のお客様の申請に基づきます。そのため実荷主のお客様におきましては、コンテナ総重量について、それが正確なものである様に徹底をお願いいたします。お客様が申告された総重量が誤っている場合、実荷主責任となります。

 

本条約の適用により期待されている効果

改正SOLA条約が適用され、各国において正確なコンテナ総重量が申告されることにより、コンテナ船の航海上における本船と船員の安全が確保されることは勿論、ターミナルにおける安全性や荷役効率の向上、および事故のリスク軽減によりお客様の貨物のダメージ発生の可能性も低くなります。

 

総重量連絡期日

SOLAS条約内では期限の記載はありませんが、各船社が設定しているCYカット日までに連絡の必要があります。

 

総重量の正確性について

改正SOLAS条約内では総重量の誤差に関する明確な決まりはなく、現在検討中の様です。誤差の許容範囲は2~5%と言われてはいますが、確定はしていません。

 

SOLAS条約の遵守違反

総重量の連絡がない場合、船積はされません。SOLAS条約に従わない場合、政府当局から罰金/罰則がかけられる可能性があります。IMOの加盟国は、各国当局を通じ、実行力のある新しい規則を作らなければなりません。多くの当局では、まだ当規則が作成出来ておらず、また、国ごとに施行内容は異なることになります。

 

事前に理解しておくべきポイント

輸出者

・各国におけるコンテナ総重量を測定する手順の確認

・各国におけるコンテナ総重量を測定する検量場の所在地の確認

・各国における船社への総重量伝達手段、方法の確認         

 

輸入者

・SOLAS条約に従う各国手順についてサプライヤーと事前協議       

 

郵船ロジスティクスは安全性を確保し、改正SOLAS条約を含め関係する各種規則を遵守いたします。お客様におかれましても、当該条約、およびこれに基づいて定められる各国のルール、法令に遵守すべく、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 

ご不明点ご質問等ございましたら、各国の郵船ロジスティクスまでお問い合わせ下さい。