Dec 01, 2016

アムステルダム空港で航空フォワーダー初のIATA-CEIVファーマ認証を取得

 当社ベネルクス法人のYusen Logistics (Benelux) B.V.(Managing Director:Piet Boogaard)は、アムステルダム・スキポール空港で航空フォワーダーとして初めての医薬品における輸送品質基準のIATA-CEIVファーマ認証を11月30日に取得しました。

 CEIVファーマ認証(the Center of Excellence for Independent Validators in Pharmaceutical Logistics)は、国際航空運送協会(IATA)が策定した、医薬品温度管理輸送の品質認証プログラムです。このプログラムはGDP(Good Distribution Practice)(*)を包括的に網羅した内容となっており、医薬品貨物の航空輸送において高い輸送品質を保ったサプライチェーンを構築するためのガイドラインです。

 当社ベネルクス法人は、アムステルダム・スキポール空港会社を中心にIATA-CEIVファーマ認証を支援するプログラム、「ファーマ・ゲートウェイ・アムステルダム(PGA)」 を活用し、医薬品物流における最高品質のサービス確立を目指して、同認証プログラムに参加しました。各部署でのオペレーション改善や必要な設備整備による成果が評価され、今回IATA-CEIVファーマ認証の取得に至りました。これにより、より安全で高品質な定温物流サービスを医薬品関係のお客様に提供することが可能になりました。

 当認証はアムステルダム空港の他にドイツ、ベルギー、フランスなど欧州の主要空港を中心に航空会社や空港ハンドリング会社、外資系フォワーダーが取得しておりますが、日系物流企業の当認証取得は初めてになります。

 

 当社はグループ中期経営計画 "GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"でヘルスケアを産業別強化セグメントと位置付けており、欧州では域内50,000地点をカバーする定温混載輸送サービスPharma Superhighwayをはじめ、近年では病院や薬局などエンドユーザー向けの配送にも注力し、医療・医薬品物流サービスの拡充を行ってきました。アジアでは今年8月にインドネシア・ジャカルタ空港でのGDP認証を取得しており、今後も欧州で培った実績とノウハウを活かした物流サービスをグローバルで提供していきます。

 

当社アムステルダム支店の認証取得に携わったメンバー

(左から右)

Etienne Vesseur (Deputy General Manager)

Johan Drijsen (Customer Service Manager)

Said Aharchaoui (Export Manager)

Jeroen Over (Warehouse Manager)

Perry van Maris (Import Manager)