Dec 26, 2016

ロシア向け航空混載サービスを開始

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は、モスクワのシェレメチェボ空港、ドモジェドボ空港およびサンクトペテルブルグのプルコボ空港向けの航空混載サービスを開始しました。

 これまでロシア向けに航空貨物を輸送する際は、航空会社のAWB(Air Waybill)の下でサービスを提供していました。今後は当社の混載サービスをご利用いただいた場合、当社がHAWB(House Air Waybill)を発行し、航空運賃の着地払い可能なサービスの提供とともに、お届け先までの貨物追跡が可能になります。

 

 当社はグループ中期経営計画 "GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"でBRICsを重点地域と位置付けており、当社ロシア法人は昨年8月に子会社の Yusen Terminal Logopark LLCによる 自営通関サービスを開始するなどサービスの拡充を行ってきました。また、モスクワ、サンクトペテルブルグに倉庫を所有しており、今回開始した航空混載サービスと自営通関を組み合わせて、お客さまに最適な物流ソリューションを提供していきます。