Feb 27, 2017

メキシコ「バヒオ・ロジスティクスセンター」開所式

 当社メキシコ法人Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.(社長:Jordan Dewart)はメキシコ・グアナファト州セラヤ市近郊に新施設「バヒオ・ロジスティクスセンター」を2月22日に開設し、開所式を執り行いました。

 バヒオ・ロジスティクスセンターは自動車産業が集積するメキシコ中央高原バヒオ地区のAmistad Bajio工業団地内に建設されました。約5,000m2の倉庫スペースの他に、約6,000m2の大型トレーラーヤード、1,000TEUの海上コンテナを保管可能な内陸コンテナデポを併設し、国内JIT配送やミルクラン、米墨間クロスボーダー輸送などの自動車物流のニーズに対応します。また、メキシコ法人の本社機能もバヒオ・ロジスティクスセンター内に移管しました。これにより、迅速な意思決定の下、お客様のあらゆる物流ニーズにお応えしていきます。

 2月22日に執り行われた開所式には、グアナファト州知事、アパセオ・エル・グランデ市長、セラヤ市長の他、当社代表取締役社長の水島健二、Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V. 社長のJordan Dewartらが出席しました。当社代表取締役社長・水島健二はスピーチで「バヒオ・ロジスティクスセンターはメキシコのコントロールセンターとして機能させると共に、当社のグローバル自動車物流ネットワークの要になります。お客様により良いサービスを提供することで、バヒオ地区での当社の地位を確立し、地域社会の発展に貢献していきたいと思います。」と述べました。

 当社はグループ中期経営計画 "GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"でメキシコを重点地域と位置付けており、昨年8月にグアダラハラ事務所を開設し、メキシコ3大空港である、メキシコシティ空港、モンテレー空港、グアダラハラ空港での自社オペレーション体制を整えました。今般オープンした新施設を、あらゆるお客様の物流ニーズに応える多機能物流施設として活用していきます。

 

名称 バヒオ・ロジスティクスセンター / Bajio Logistics Center
所在地 Parque Industrial Amistad Bajio, Apasep El Grande, State of Guanajuato, Mexico
敷地総面積

約67,000m2

・倉庫(5,000m2)

・コンテナデポ(7,260m2)

・トレーラーヤード(6,000m2)

・事務所(1,000m2)

※ 倉庫は需要に応じて拡張を検討

 

<写真>

バヒオ・ロジスティクスセンター外観

 

鏡開きの様子

 

(左から)水島健二 代表取締役社長、Jordan Dewart(Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.社長)

 

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。