May 30, 2017

フランクフルトで医療・医薬品における輸送品質基準のGDP認証を取得

 当社ドイツ法人のYusen Logistics (Deutschland) GmbH(Managing Director:Mario Cavallucci)はフランクフルト空港発着の航空貨物輸出入の取り扱いにおける医療・医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を3月に取得しました。アムステルダムに続いて、欧州における航空貨物のゲートウェイでGDP認証に沿った取り扱いを充実させることで、陸上輸送、海上輸送とも連携し、安全性の高いロジスティクスサービスを提供します。

 Yusen Logistics (Deutschland) GmbHでは、高度な品質を求める医療・医薬品物流サービスの需要が高まる中、お客様により高品質なサプライチェーンを提供するためにGDP(*)の認証を取得しました。

 今回取得した範囲は、フランクフルト空港での航空貨物輸出入の取り扱いで、輸送品質はGDPのガイドラインに沿って厳格に運用されます。定期的なスタッフのトレーニングや点検を実施するなど、ガイドラインに準拠することで、医療・医薬品における輸送の品質が維持されます。

 当社は2015年9月にアムステルダムでGDP倉庫を開設し、アムステルダム空港発着の航空貨物と欧州域内の50,000地点をカバーする定温混載輸送サービス Pharma Superhighwayを組み合わせたサービスを拡充させるなど、欧州地域を中心に医療・医薬品サプライチェーンの充実を図ってきました。欧州域内での航空貨物のゲートウェイであるフランクフルトで今後GDP認証に沿ったサービスを提供することで、ドイツ国内や東欧向けの貨物などを中心に、お客様にとっての選択肢が広がります。

 

 当社は欧州域内の医療・医薬品物流の強化を進めており、2018年春ごろまでにベルギー・アントワープ倉庫を約8,000m2拡張し、オランダ・ローゼンダール近郊に約11,000m2の医薬品専用倉庫を新設します。大手製薬会社での医療・医薬品物流に関する豊富な経験を持ったスペシャリストをグローバル品質担当に任命し、グローバル展開も進めています。今後も各国の規制を遵守した物流ソリューションを構築し、お客様のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供してまいります。

 

(*)GDP Good Distribution Practiceの略で医療・医薬品の物流に関する品質基準

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。