May 31, 2017

インドネシアのロジスティクス事業を強化

 当社インドネシア法人PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia(社長:D.Budijanto)は今年11月中にジャカルタ近郊のMM2100工業団地内の倉庫を移設拡張するなど、コントラクト・ロジスティクス事業を強化します。

 MM2100工業団地はジャカルタやタンジュンプリオク港、スカルノハッタ国際空港ヘのアクセスが良く物流拠点として至便な立地にあります。周辺には製造業を中心に多くの企業が進出しており、インフラ整備も進んでいることから、工業団地の更なる拡張が見込まれます。

 当社インドネシア法人で倉庫事業を担う、PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia(YS-ID)はMM2100工業団地内に3つの倉庫を有し、自社運営を行っています。その内の第3倉庫を今年11月に同工業団地内にて移設し、スペースを約2倍の11,000m2に拡張します。これにより、MM2100工業団地内の総床面積は3拠点合わせて約45,000m2となり、同工業団地で最大の延床面積を有する物流会社になります。これまで培ったノウハウを生かして、旺盛な物流需要にお応えしていきます。

 当社のインドネシア展開はYS-IDと同様に倉庫事業を担う、PT Puninar Yusen Logistics Indonesiaと海上・航空フォワーディング事業を担う、PT. Yusen Logistics Indonesiaの3社になります。4月には3社の社長としてD. Budijanto氏が就任し、グループ間の連携を強化しています。更にコントラクト・ロジスティクス案件の営業窓口をYS-ID社に一本化し、事業拡大に向けての体制を整えました。

今後も同国に展開する郵船ロジスティクスグループで、倉庫と海上・航空フォワーディングやトラック配送、通関などのオペレーションを組み合わせ、お客様のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスをご提供します。

 

名称

PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia Warehouse No. 3

移転先住所

Block AE MM2100 Industrial Town Cikarang Barat Bekasi 17520, Indonesia

倉庫面積

11,000m2

稼働日 2017年11月中

 

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。