Jun 22, 2017

郵船ロジスティクス九州 AEO「特定保税承認者」に

 当社グループ会社の郵船ロジスティクス九州株式会社(社長:中尾英道)は、5月19日付けで門司税関からAEO制度(*)の「特定保税承認者」として承認されました。

 6月2日、門司税関で交付式が行われ、酒井清・門司税関長から郵船ロジスティクス九州株式会社社長・中尾英道に承認書が手渡されました。これにより、法令遵守と適正な貨物管理を行う倉庫業者として、税関から税関手続の緩和措置を受けられるようになります。

 尚、郵船ロジスティクス九州は2014年3月にAEO「認定通関業者」として認定されています。

 

 当社グループは、今後も国際物流を担保する倉庫機能の強化を図り、安全・確実・迅速なサプライチェーン・ロジスティクスサービスを実現します。

 

(*)AEO制度

Authorized Economic Operator。認定経済事業者制度という意味で、国際物流のセキュリティ強化と貿易円滑化の推進の両立を目的として導入された「官民パートナーシッププログラム」。対象事業者は、通関業者、倉庫業者、運送者、輸入者、輸出者、製造者)

 

交付式の様子(写真右 : 中尾英道・郵船ロジスティクス九州社長/ 写真左 : 酒井清・門司税関長)