Jun 27, 2017

医薬品物流品質セミナーを実施

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は6月21日に医薬品物流品質セミナーを東京本社で実施しました。医薬品物流に関するGDP(*)の各種輸送品質基準の説明や、欧州及び日本を中心とした当社の取り扱い事例などを紹介し、安心・安全な医薬品物流の構築に向けて双方の理解を深めました。

 

 今回のセミナーは、当社とお取引のある製薬会社の品質保証部や生産・物流管理部の実務担当者をお招きして午前・午後の2部構成で開催しました。午前の部では、当社ヘルスケア物流グローバル品質担当のマルゥース・セイシィンが、GDPの各種輸送品質基準について、欧州の事例を交えて説明しました。午後の部では、当社東日本輸入営業本部医薬品営業課の宇田川が、日本の現状を踏まえた当社のGDP対応の取り組みと、運用上の課題と今後の展開について紹介しました。最後に、ご参加いただいた皆さまと意見交換を行い、更なる安心・安全な医薬品物流の構築に向けて双方の理解を深めました。 

 

 当社は医療・医薬品物流の強化を進めており、欧州域内では2015年9月にアムステルダムでのGDP認証取得に続いて、今年5月にフランクフルトでも同認証を取得したことで、欧州の2大空港で同認証に沿った航空輸出入のオペレーションと欧州域内の50,000地点をカバーする定温混載輸送サービス Pharma Superhighwayを組み合わせたサービスを提供しております。また、2018年春ごろまでにベルギー・アントワープ倉庫を約8,000m2拡張し、オランダ・ローゼンダール近郊に約11,000m2の医薬品専用倉庫を新設します。 

 北米やアジア域内へのグローバル展開も進んでおり、今後も各国の規制を遵守した物流ソリューションを構築し、お客様のビジネスを深く理解しニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供してまいります。

 

(*)GDP Good Distribution Practiceの略で医療・医薬品の物流に関する品質基準

 

ヘルスケア物流グローバル品質担当のマルゥース・セイシィンによるプレゼンテーション

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。