May 20, 2015

日系物流企業初 マレーシアで運送業務・倉庫業務のハラル認証を同時取得

 当社マレーシア法人TASCO Berhad(Managing Director:Freddie Lim Jew Kiat)は、4月16日を発効日として、マレーシア政府の認証機関であるマレーシア・イスラム開発局(JAKIM)に申請していたハラル認証を取得しました。

 今般取得したのは運送業務に求められる「MS2400-1」の認証と倉庫業務に求められる「MS2400-2」で、これら両認証の同時取得は日系物流企業初となります。MS2400-1の対象は車両25台で、ペナンやマラッカ、セランゴール、ジョホールなど当社マレーシア法人の主要拠点に配置されました。また、MS2400-2の対象となるのはペナンにあるPenang Prai Logistics Centerで約9,000m2のスペースでハラル対応が可能となります。

 今後はマレーシア国内でハラル食品や化粧品、医薬品などをターゲットに、トラックと倉庫を活用したロジスティクスサービスの提供を開始するとともに、マレーシアでのハラルに関するノウハウと当社グローバルネットワークをつなげることで、ハラル物流のワンストップサービスの構築を目指します。

 世界のハラル市場は2015年に全世界で320兆円 (*)規模に達すると予想されており、注目の市場となります。

 当社はグループ中期経営計画"GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"で食品を産業別強化セグメントの一つに掲げ、またマレーシアを重点地域と位置づけています。今後も需要の拡大が期待されるハラル市場でお客様の物流をサポートするとともに、販売を強化していきます。

Penang Prai Logistics Center

ハラル専用車両

ハラル専用の保税スペース

保管スペース


(*)出所:一般社団法人ハラル・ジャパン協会