Jun 25, 2014

蘇州総合保税区内に定温定湿設備を設置 日本人常駐で高品質管理を実現

 中国・蘇州エリアにおける当社保税倉庫会社Suzhou Yusen Logistics Service Co., Ltd.(董事総経理:Weldon Fan)は6月1日、蘇州工業園区の総合保税区倉庫内に定温定湿室設備を設置しました。

 上海浦東空港から車で2時間、上海外高橋港から1.5時間に位置する同社倉庫は、中国華東地区における輸出入貨物のハブとして各種保税物流サービスを取り揃えています。

 同社はこれまで、保有する約5,000m2の倉庫を活用し、電子部品メーカーや材料メーカーなど向けに保税貨物の保管や、梱包、ラベリングなどの付加価値業務、保税スキームを活用した物流サービスを提供してきましたが、温度や湿度の厳格な管理を必要とする精密部品などの物流需要の高まりを受け、今般同施設内に定温定湿室を設置しました。

 温度・湿度調整はもちろん、その変化を24時間365日記録出来るなど厳格な管理が可能です。また、部屋を分割することで機動的かつ細かな温度設定が可能となります。更に、日本人職員の常駐により、緊急対応などきめ細やかなサービス提供が可能です。

 今後は、中国国内のグループ会社と連携し、航空、海上フォワーディングや混載トラック配送網を組み合わせた総合物流企業ならではの高品質サービスを提供していきます。

定温定湿室の外観

定温定湿室の内部

<概要>

住所
Suzhou Prologis Park C23 unit 1, Suzhou Integrated Free Trade Zone, Jiangsu Province 215121, People's Republic of China
面積
100m2(倉庫全体は5,235 m2)
設備・特長
  • 24時間・365日の温度・湿度記録が可能
  • 防塵床
  • スプリンクラー
  • CCTVカメラ
  • 煙探知器
稼動開始日
2014年6月1日