Jun 18, 2014

「揺れない輸送」を中国で実証 防振パレットによるエアサストラック代替技術を開発

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:倉本博光)は、輸送中の振動や衝撃から貨物を守る防振パレットを活用し、エアサストラック(*)に代わり通常のトラックで衝撃を極小化する陸上輸送ソリューションを開発しました。これにより、道路事情に左右されない安全、確実な輸送が可能になります。

 これまで、道路事情の悪い地域で精密機械や医療機器、食品などの衝撃に敏感な貨物を陸上輸送する場合、エアサストラックでの輸送が必要でした。しかし、エアサストラックは高コストであり、また国によってはエアサストラックが普及していないなどの事情で、お客様の輸送需要に柔軟に応えることが困難でした。

  このような物流課題に対して、当社は通常のトラックに防振パレットを組み合わせることで、衝撃を低減させる輸送技術の開発に着手しました。輸送実験は今年1月に開始し、中国の上海-合肥間の輸送を複数回行いました。その結果、通常トラックに防振パレットを組み合わせた輸送が、エアサス車の代替ソリューションとなり得ることが検証出来ました。

 今後は輸送需要が予想される中国内陸部や東南アジア諸国のクロスボーダー輸送の商品の一つとして、販売網の整備を進めていきます。

トライアル輸送の様子

 

トライアル輸送時の加速度計測結果(縦軸が重力(単位 : G)、横軸が時系列)

 

(*) エアサストラック
エアサスペンショントラックの略。バネ装置が組み込まれたトラックで振動や衝撃を減らすことが出来る