Jun 24, 2014

インドシナ半島で食品の保冷トラック輸送サービスを開始 医薬品の保冷技術を駆使

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:倉本博光)は、主に食品をターゲットとした保冷混載トラック輸送サービスを開始しました。今回サービスを開始したのはベトナム・ホーチミン-カンボジア・プノンペン間で、今後はインドシナ半島のコールドチェーンを構築するべく、拡大していきます。

 これまで食品などの貨物を冷蔵で陸上輸送する場合リーファートラックを利用することが多く、そのためには貨物が小口であってもトラックをチャーターしなければならなかったり、十分な貨物が集まるまで輸送を延期しなければならないなど、コスト面、スケジュール面で課題がありました。

 これを受け、当社はリーファートラックによる混載での保冷輸送サービスを販売開始しました。そのメリットは、①混載輸送が出来ること、②チャーターと比べ輸送コストを抑えられること、③柔軟なスケジュールで引き受け可能であることです。

 また、クロスボーダー輸送では、2カ国に渡って同一トラックを一貫使用出来ないケースが多く、越境時に貨物を別のトラックに積み替える作業が発生します。その際の温度上昇を避けるため、日本発の医薬品、化学品の航空輸送で実績があった遮熱シートを貨物に装着することで、外気温の影響を極小化し鮮度維持が可能になります。

 当社は今後もインドシナ半島における食品のサプライチェーンの充実に注力していきます。