Apr 09, 2014

インドシナ半島をつなぐ陸上輸送サービス "SEAL"を販売開始

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:倉本博光)は、インドシナ半島のクロスボーダー陸上輸送サービスである"SEAL(South East Asia Link)"の販売を開始しました。航空輸送より安価で、海上輸送よりスピーディーな陸上輸送商品を取り揃えることにより、同地域のお客様の多様化する物流ニーズにお応えします。

 "SEAL"は、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナムの5カ国を繋ぐ陸上輸送サービスで、チャーター便だけでなく混載貨物も取り扱えるのが特徴です。シンガポール-マレーシア間は週5便、マレーシアとマレーシア以北のタイ(バンコク)、ベトナム(ハノイ)を繋ぐレーンは週2便から3便のスケジュールで運行しています。

 "SEAL"の活用により、他の輸送モードと比べて料金面、輸送日数の削減が可能です。例えば、輸送需要の多いタイ(バンコク)とベトナム(ハノイ)間では、航空輸送と比べて最大約5割の輸送費を、海上輸送と比べて最大約10日の日数の削減が可能です(*)。また、使用するトラックにはGPSが完備されており、輸送状況の確認など品質面でも万全の体制を構築しています。

 今後は、輸送の増加に応じた既存レーンの増便、当社現地法人のあるミャンマーへの輸送網拡大、既存の航空、海上輸送と組み合わせた複合輸送など、更なる物流最適化を進めていきます。

 

"SEAL"の展開地域

 

自社トラック

タイ・カンボジア国境

(*)一部条件により削減幅は異なります