Feb 26, 2014

カンボジアで通関ライセンスを取得 日系物流企業2社目となる自営通関業認定

 当社カンボジア法人Yusen Logistics (Cambodia) Co., Ltd.は2月10日、カンボジア財政経済省より通関ライセンスを取得しました。カンボジア輸出入における自社通関業務を、プノンペン本社、プノンペン空港事務所、シアヌークビル事務所の全拠点から行えるようになり、お客様により利便性の高い通関サービスの提供が可能になりました。

 これまで同社の通関業務は、ライセンスを保有する協力会社により手配されていましたが、今般通関業務を自営化したことで自社コントロールが可能になり、よりスピーディーかつ透明性の高い通関を実現出来ます。また、通関ライセンス保有者のみに認められるASYCUDA(*1)とDTI(*2)への登録も完了しており、ハード面でも万全の体制を構築しました。

 今後は自営通関業務を活かし、強みとするリテール関連だけでなく、カンボジアへの投資案件やODA関連など、同国の通関でお困りのお客様へサービスの提供が可能です。また、同地で総合物流サービスをワンストップで提供できる数少ない物流企業として、さらなる輸送品質向上につなげてまいります。

(*1)ASYCUDA
Automated SYstem for CUstoms DAtaの略で、UNCTAD(国連貿易開発会議)が開発した電子税関システムのこと。

(*2)DTI
Direct Trader Inputの略。税関指定場所に設置されているASYCUDA端末からでなく、通関ライセンス保有者が個別の端末から直接税関システムへ入ること。