Jan 07, 2014

ドイツ・デュイスブルクの倉庫を拡大

 当社ドイツ法人Yusen Logistics (Deutschland) GmbH.(社長:友膳誠司)は、2014年1月2日、ドイツ・デュイスブルクに26,000m2の新倉庫をオープンしました。これにより、デュイスブルクで既に展開する約42,000m2の倉庫を合わせると、同社国内最大の倉庫拠点となります。

 ドイツ内陸、河川港として世界最大規模のデュイスブルク港は、オランダのロッテルダムやベルギーのアントワープへの陸上、鉄道、海上輸送の中継拠点として至便なロケーションに位置します。デュイスブルクから半径150kmの経済圏は、3千万人の消費者、6千億ユーロの購買力、300,000社の企業を抱えているといわれ、欧州域内の消費地として、またゲートウェイとして注目を集めています。

 新倉庫がオープンするのは同港、物流施設の集積地であるログポート地区で、5つの既存倉庫とコンテナターミナルに隣接しています。同社は1999年に同地区で倉庫をオープンして以来、家電や自動車関連貨物の取り扱いを中心に拡大を続けてきましたが、高まる物流需要を受け今般の倉庫拡大に至りました。

 新倉庫は一般倉庫スペース20,000m2と危険品スペース6,000m2から成る高機能倉庫です。一般倉庫スペースでは家電メーカーなど一般消費財関連のお客様向けにロジスティクスサービスを、自動車関連企業には欧州域内のトラック輸送網のハブ機能を駆使したクロスドックサービスを充実していきます。また、同エリアで危険品専用倉庫を保有する初の日系物流企業として、各種危険品の保管サービスなどに注力します。

新倉庫

 

<概要>

名称
Yusen Logistics (Deutschland) GmbH.
Duisburg Branch Warehouse Hall L, M and N
住所
Marseiller Str.14-16, 47229 Duisburg-Rheinhausen, Germany
倉庫面積
約26,000 m2
営業開始日
2014年1月2日