Aug 23, 2017

上海浦東空港内倉庫にULD専用ワークステーションを設置

同空港内フォワーダー初の昇降機能付きで高品質オペレーションを実現

 当社中国法人のYusen Logistics (China) Co.,Ltd.(社長:杉岡 正寛)は、上海浦東空港内当社倉庫に同空港内フォワーダー初の昇降機能付きULD(*)専用ワークステーションを設置し、7月10日からオペレーションを開始しました。

 当社中国法人が上海浦東空港内に有する倉庫では、輸出入貨物を取り扱っています。これまでも航空会社上屋が行うULDからの貨物の取り降ろし作業を自社オペレーションで行っており、空港到着後、当社倉庫へULDのまま貨物を転送し、取り降ろし・仕分け・配送作業の品質を維持してきました。

 以前はULDの取り降ろし作業は、脚立などを使った高所作業が必要となり、時間を要していましたが、今回、昇降機能付きULD専用ワークステーションを設置し、7月10日から輸入貨物のオペレーションを開始しました。トラックに積載されたULDパレットの取り降ろしスペースやULDから貨物の取り降ろし作業スペースにはそれぞれ安全柵を設置し、トラックやフォークリフトの操作ミスによる貨物ダメージを未然に防ぎます。また、従来ULDパレットの移動はフォークリフトを使っていましたが、倉庫内はローラー付きのプラットフォームで移動させることが可能となり、作業効率が向上します。このワークステーションを活用することで、高所作業が不要となり、安全性の高い作業を行うことで、迅速かつスムーズな貨物取り扱いによるトータル品質向上を図ります。

 当社は中長期経営計画 “TRANSFORM 2025”の地域戦略として、東アジア極においては「トップクラスフォワーダーを目指したインターナショナルフレイトフォワーディングの強化」を掲げており、当社中国法人では海上・航空フォワーディングの拡販を推し進めています。アジア発着の中心地である上海浦東空港で高品質なオペレーションを提供することで、サービス向上を図るとともに、グローバルネットワークを生かしたサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供していきます。

 

(*) ULD:Unit Load Deviceの略で 航空貨物運送用パレット、コンテナのこと

 

ワークステーション全体(昇降機は写真左右2カ所に設置)

 

昇降機でULDを下げて安全に作業を行う

 

トラック搬入スペースに設置した安全柵

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。