Sep 01, 2017

ベトナム向けに日本産梨を海上・航空輸送

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は、今年からベトナム向けの輸出が解禁された日本産梨の海上・航空輸送を手配しました。

 2007年にベトナムにおいて植物検疫法が制定されて以降、日本の生果実をベトナム向けに輸出することが規制されていました。その後、農林水産省とベトナム当局で協議を重ねた結果、2015年9月のりんごの輸出解禁に続いて、日本産梨の輸出も今年1月に解禁されました。出荷するにあたり、植物防疫所の登録を受けた生産園地において栽培され、植物検疫の承認を受けることが条件になります。

 当社は8月中旬に茨城県産と福島県産の「幸水」をベトナム国内の量販店及び百貨店向けに、海上・航空輸送手配しました。航空輸送は保冷梱包を施し、海上輸送はリーファーコンテナを活用し、鮮度を保持したまま輸送します。日本産梨の旬である10月頃まで、様々な品種をベトナムに輸送する予定です。

 

 当社は日本産の農産物輸出に積極的に取り組んでいます。昨年は「青果物のマレーシア向けのCA輸送試験計画」が農林水産省の支援事業に認定されて輸送実験を行うなど、日本青果物輸出促進協議会を始めとする農業関係団体や地方自治体、様々な企業と協業した輸送実験を通じてノウハウを蓄積してまいりました。また、今年6月には、温度管理を必要とする商品のあらゆる輸送形態に活用できる、DNP多機能断熱ボックスを使った定温輸送ソリューションの提供を開始し、サービスラインナップを拡充させてきました。今後も、お客様のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスを提供するとともに、幅広い輸送実績で培ってきたノウハウの下に、日本の農産物の輸出促進に貢献してまいります。

 

海上出荷でのバンニングの様子

 

航空輸送では保冷梱包して鮮度を保持

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。