Mar 14, 2013

Yusen Logistics (UK) Ltd.とアストラゼネカ 欧州域内輸送の契約更新

 Yusen Logistics (UK) Ltd.(社長 : Ian Veitch)は、2013年1月14日に英国の医療用医薬品メーカーAstraZeneca PLC(社長 : Pascal Soriot)との、欧州域内配送の輸送契約を更新しました。

 Yusen Logistics (UK) Ltd.(以下YL-UK)は、医薬品売上高世界7位(*)の大手医薬品メーカーAstraZeneca PLC(以下アストラゼネカ)の欧州域内配送や輸出入手配を2007年より取り扱っていましたが、独自の輸配送網を駆使した定温混載輸送サービスPharma Superhighwayや、MHRA(**)やGDP(***)認証を受けた医薬品倉庫を駆使した医薬品物流が高く評価され、今般の輸送契約更新に至りました。

 Pharma Superhighwayでは、欧州域内で集荷した貨物や海外から輸入された貨物を、英国やベルギーにある医薬品専門倉庫に集約、保管、物流加工、クロスドック(****)、混載配送することでお客様の物流を最適化しています。全トラックに温度調節機能とGPSが完備され、英国のコントロールタワーで欧州全土の運行状況や効率的な配車を管理することにより、厳格な温度管理や品質維持はもちろん、輸送コスト削減、多頻度・少量配送を実現してきました。

 YL-UKは、お客様がこれまで独自に輸出入、トラック、倉庫手配をしていた個々の物流を、一括して請負うロジスティクス・ソリューションを提供することで、品質面や安全性、コストメリットなど高い評価を受けています。現在ではアストラゼネカを始め多くの医薬品メーカーがPharma Superhighwayを利用しており、今後も高品質で多彩な医薬品物流を更に拡充してまいります。


(*)SCRIP Intelligence社2011年度調べ
入手先 : http://www.scrip100.com/

(**)MHRA
Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency。英国医薬品庁

(***)GDP
Good Distribution Practice。医薬品の物流に関する基準。

(****)クロスドック
複数のベンダーから荷物を集荷し、物流センター一箇所に集め、各方面別に貨物を仕分けし、配送を行う方法