Feb 14, 2012

日系フォワーダー初! 北アフリカ向け混載サービス発売

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:倉本 博光)はこの度、新たな輸送商品として、日系フォワーダー初となる北アフリカ3カ国(アルジェリア、チュニジア、モロッコ)を対象とした、ヨーロッパでの混載サービス“North-Africa Connection Service”を発売いたしました。

 この輸送商品は、世界各地の郵船ロジスティクスグループ各社にて集荷された北アフリカ諸国向けの貨物をフランス、 スペインにて集約し、そこから北アフリカへの手配をYUSEN LOGISTICS (FRANCE) S.A.S.(フランス郵船ロジスティクス)、またはYUSEN LOGISTICS (IBERICA) S.A. (スペイン郵船ロジスティクス)が行う、当社グループによる一貫輸送 サービスです。お客様のニーズにあわせて最適なモードにて輸送し、ヨーロッパでの貨物発送から北アフリカ到着まではフランス郵船ロジスティクス、スペイン郵船ロジスティクスのスタッフが責任を持ってフォローいたします。

[航空輸送]

パリから3カ国5都市(アルジェリア<アルジェ、オラン、コンスタンティーヌ> チュニジア<チュニス> モロッコ <カサブランカ>)に輸送できます。便数も多いため、柔軟な対応が可能です。また、アルジェリア向けはマルセイユからの発送もできます。

[陸上輸送]

パリから3カ国(アルジェリア、チュニジア、モロッコ)に輸送できます。 重量貨物等を比較的短時間で輸送する場合に最適です。 欧州から北アフリカへは、貨物を積み込んだトラック(トレーラー)をフェリー船にて輸送します。

[海上輸送]

マルセイユ、バルセロナ経由で3カ国(アルジェリア、チュニジア、モロッコ)に輸送できます。 FCLとLCLでの対応が可能です。


 フランス・スペインと北アフリカ諸国の間には時差が少なく、現地での商用における公用語はフランス語と、モロッコ 北部においてはスペイン語です。フランス郵船ロジスティクス・スペイン郵船ロジスティクスを通じ、現地とスムーズな コミュニケーションをとり、お客様に安全・安心なサービスをご提供できます。

 当社グループは、今後も世界中で、お客様に安心して利用して頂ける質の高いサービスを提供してまいります。