Apr 13, 2011

郵船ロジスティクス、アメリカからの緊急物資輸送に協力

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:倉本 博光)は、日本戦略研究フォーラム(理事長 愛知和男 前衆議院議員)を窓口とした緊急支援物資を米国から日本へ輸送手配を行いました。

 

  東北地方太平洋沖地震の被災地には、世界各国から国際的な支援がさまざまなかたちで行われています。このような状況の中、「米FEMA(連邦緊急事態管理庁)」の外郭団体である「IAEM(国際危機管理者協会)」は、日本戦略研究フォーラムを窓口とし、緊急支援物資を米国シカゴから日本への輸送を実施し、当社は米国・日本における輸出入手配を行いました。

 今回輸送された支援物資は、放射性物質で汚染された施設や器物に吹き付けると放射性物質を吸収して固まり、硬化後は、フィルムのように剥がすことができるため、吸収した放射性物質を安全な廃棄施設で処分することが可能となります。支援物資は、病院などの除染用として用いられる予定です。

 

 当社は、今後も様々な面から災害復旧に全力を尽くします。被災された皆様、ご家族ならびにご関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに被災地の復興が一日も早いことを心よりお祈りいたします。

4月8日(金)に当社の御礼に訪れた皆様
*前列:愛知和男 理事長 (中央)
後列:倉本社長(右から3人目)
    安川常務(右から2人目)