Jun 15, 2015

日系物流企業初 中国・南沙発東京/名古屋向けダイレクトサービスを開始 ~海上自社混載で高品質輸送を実現~

当社中国法人Yusen Logistics (China) Co., Ltd.(董事総経理:杉岡正寛)は5月、南沙(広東省広州市)発東京・名古屋向けに海上自社混載によるダイレクトサービスを開始しました。

 従来、広州エリア発の海上輸送は、香港までフィーダー船で輸送し、同地で本船搭載後日本向けに出荷していたため、約15日の輸送日数を要していました。新サービスでは南沙CFS(南沙新港保税物流園区内)でバンニングの後、東京・名古屋へのダイレクト輸送が可能となるため、輸送日数が約10日に短縮出来るとともに、品質面では香港での積み替えが発生しないので、ダメージを軽減するなど輸送品質が向上します。

 これまで、広州エリアでの小口海上輸送はコ・ロードでの対応でしたが、自動車関連部品を中心に多頻度少量輸送の需要が高まったことから、新サービス開始に至りました。これにより中国発日本向けの自社混載サービスは上海、深セン、香港に続き4レーン目となります。

 将来的には同レーンの増便も視野に展開するとともに、南沙発タイ向けなど自動車物流の需要が高いレーンにおけるサービスの充実を図り、販売を強化していきます。

<海上輸送スケジュールはこちら>

http://captainweb2.jp.yusen-logistics.com/www/html/index.html