Jan 30, 2018

シンガポールで食品輸入・決済・受注代行サービスを開始

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は、シンガポールで食品の輸入・決済・受注代行サービスを開始しました。当社シンガポール法人Yusen Logistics (Singapore) Pte. Ltd.の子会社であるNanhai Business Solutions Pte Ltd(以下:NBS社)が現地での輸入者となり、シンガポール到着後の一連のプロセスを代行することで、日本から食品を輸出する荷主とシンガポールでの販売先の双方にメリットのあるソリューションを提案していきます。

 

 近年の海外における日本食人気の高まりに伴い、アジア向けを中心に農林水産物・食品の輸出額は増加しています。シンガポールでも日本食レストランの出店は拡大している一方で、出荷あたりのロットが小さく物流費が割高になったり、受注先が国内決済を希望するため成約に至らないなどの課題がありました。このような状況下、日本食の更なる輸出促進に向けて、当社はシンガポールで食品を対象にした輸入代行及び在庫管理・商品受注・代金決済・受注代行サービスを開始します。

 

 今回新たに始めるサービスでは、NBS社が輸入者となり、輸入通関手続き、在庫管理、仕分け、ラベル貼付などの流通加工、納品の他、シンガポール国内におけるレストランや小売店、卸業者から直接の受注及び代金決済も代行します。シンガポールに在庫を持つことで、販売先からのオーダーに対して受注後の納期を大幅に短縮できる他、NBS社が輸入者となることでシンガポールでの国内決済が可能になります。

 

 また、小ロットで複数の販売先を持つお客様にとって、複数オーダーのロットをまとめて海上・航空輸送することで、トータル物流コストの削減が見込めます。海上輸送の場合、当社は冷蔵管理が必要な食品を対象にした横浜発シンガポール向け海上リーファー混載サービスを昨年8月から開始しており、今回の新サービスと組み合わせてご利用いただけます。日本出荷から販売先への納品まで一連のサプライチェーンにおけるお客様の課題を解決し、海外販路拡大をサポートします。

 

【新サービスのポイント】

  1. NBS社が輸入者になることで、シンガポール国内決済が可能
  2. シンガポールに在庫を持つことで、小ロットのオーダーにも短納期で対応可能
  3. 1回の出荷を大口にすることで、トータル物流コストを削減

 

【ターゲットとする商品】

・日本酒などの酒類、冷凍・冷蔵食品、加工食品など

 

 既に冷凍水産物の取り扱いを開始しておりますが、今後は日本酒や加工食品などを中心に、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯でサービスを展開していきます。また、NBS社はシンガポール国内の大手e-commerceサイトの販売店としても登録済みであり、e-commerceマーケットでのB to Cの販売体制も整えています。

 

 当社は食品物流に積極的に取り組んでおり、シンガポールにおいては毎年開催されているASEAN市場最大の日本の食に特化した見本市「Food Japan」のメインフォワーダーとして展示場までの輸送を一括で請け負うなど、食品物流に関する幅広いノウハウを蓄積してきました。今後も日本の農林水産物・食品を取り扱うお客様に最適なサプライチェーン・ロジスティクスを提供し、日本食の輸出活性化に貢献していきます。

 

<当サービスフロー図>

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。