Apr 05, 2018

メキシコ「バヒオ・ロジスティクスセンター」保税認証取得

 当社メキシコ法人Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.(社長:Jordan Dewart)の施設「バヒオ・ロジスティクスセンター」は、3月に保税認証を取得しました。

 

 バヒオ・ロジスティクスセンターは自動車産業が集積するメキシコ中央高原バヒオ地区のAmistad Bajio工業団地内に昨年2月に開設しました。約5,000m2の倉庫スペースの他に、約6,000m2の大型トレーラーヤード、1,000TEUの海上コンテナを保管可能な内陸コンテナデポを併設し、国内JIT配送やミルクラン、米墨間クロスボーダー輸送などの自動車物流のニーズに対応しています。

 

 今回当センターにて保税認証を取得したことにより、お客様のお荷物を保税の状態で倉庫に搬入後、最大2年間、輸入関税等の支払いを留保しつつ、保管、検品作業が可能となります。保管貨物が保税状態から確定申告を経て、メキシコ内国貨物に変わるまでの間、納税期限を延ばすことができるため、お客様のキャッシュ・フローの改善につながります。また、メキシコ国内に会社を持たないお客様が非居住者名義で商品を所有、保管できるメリットがあります。

 

 当社メキシコ法人はメキシコ3大空港である、メキシコシティ空港、モンテレー空港、グアダラハラ空港において、自社オペレーション体制を整えています。今回の保税認証取得と合わせ、今後もメキシコでの旺盛な物流需要にお応えしていきます。

 

バヒオ・ロジスティクスセンター外観

 

<施設概要>

名称

バヒオ・ロジスティクスセンター / Bajio Logistics Center

所在地

Parque Industrial Amistad Bajio, Apasep El Grande, State of Guanajuato, Mexico

敷地総面積

約67,000m2

・倉庫(5,000m2)

・コンテナデポ(7,260m2)

・トレーラーヤード(6,000m2)

・事務所(1,000m2)

※倉庫は需要に応じて拡張を検討

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。