Jun 20, 2018

ベルギー・アントワープ及びオランダ・ローゼンダール医薬品倉庫開所式

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)はベルギー・アントワープ及びオランダ・ローゼンダールでの医薬品倉庫の開所式をそれぞれ6月12日に執り行いました。

 

 ベルギー・アントワープ及びオランダ・ローゼンダールの開所式にはYusen Logistics (Europe) B.V. 社長のWim Pauwels、Yusen Logistics (Benelux) B.V. 社長のPiet Boogaard、アントワープ・ヘルスケアロジスティクス支店長 Peter Cocquyt、ローゼンダール・ヘルスケアロジスティクス支店長Arnold Savelkouls、Yusen Logistics (Benelux) B.V. コントラクトロジスティクス取締役Hugo Van Herckらが出席し、両開所式を執り行いました。郵船ロジスティクス株式会社社長・水島健二はスピーチで「この2つの倉庫開設は、医療・医薬品物流のグローバル展開を強化していく中で、重要な一歩となります。今後も医療・医薬品物流サービスを継続的に強化し、お客様のニーズにお応えしてまいります。」と述べました。

 

 アントワープ倉庫内には、GDP認証取得済みの倉庫スペースを約18,000m2所有しており、2℃~8℃で温度設定可能な1,500パレット分の冷蔵スペースを設けています。今後も医薬品ビジネスの拡大が見込まれることから、既存倉庫に隣接した倉庫を活用して、旺盛な物流需要にお応えします。拡張スペースは約8,000m2で、15℃~25℃で管理可能な定温スペース約70%と2℃~8℃で温度設定可能な冷蔵スペース約30%になります。

 

 また、ローゼンダール近郊に医薬品専用倉庫を新設しました。ローゼンダールはロッテルダム港とアントワープ港の中間に位置し、さらに、アムステルダム空港とブリュッセル空港の中間に位置しており、欧州域内物流と海上・航空輸送を組み合わせたサービスに最適な立地です。新設する倉庫スペースは約11,000m2で、15℃~25℃で管理可能な定温スペース約90%と2℃~8℃で温度設定可能な冷蔵スペース約10%になります。

 

 当社はこの4月にインドネシア・スラバヤ近郊の物流企業としては初めてとなる医療・医薬品における輸送品質基準のGDP認証を取得し、医療・医薬品物流のアジア展開を拡大しています。また、欧州では域内50,000地点をカバーする定温混載輸送サービスPharma Superhighwayにより年間で200万パレット以上取り扱っています。今回Superhighwayのハブ拠点でもあるベルギー・アントワープの拡張及びオランダ・ローゼンダールで医薬品倉庫を稼働することで、欧州地域において医療・医薬品物流サービスをさらに強化し、お客様のニーズにお応えするサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供していきます。

 

ベルギー・アントワープ庫内の様子

 

オランダ・ローゼンダールでのオープニングセレモニーの様子

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。