Jun 25, 2018

日系物流企業初 航空・宇宙及び防衛産業における品質マネジメントシステム規格JIS Q 9100:2016を取得

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は品質マネジメントシステムの規格改訂に伴い、JIS Q 9100:2016(*¹)を6月14日に取得しました。日系物流企業で初めての取得となります。

 

 JIS Q 9100:2016は、ISO 9001:2015(*²)の改訂に合わせ整合性を保ち、要求事項をより明確に規定するために改訂された、航空・宇宙及び防衛産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格です。今回当社は2010年に取得済みのJIS Q 9100:2009からの移行審査を経て、日系物流企業で初めてJIS Q 9100:2016を取得しました。

 

 当社は航空会社や機体メーカー、エンジンメーカー、部品サプライヤー、航空関連商社など航空機産業のお客様向けに調達物流の最適化や部品ベンダーとの関係構築、包括的なAOG(*³)などの各種航空宇宙物流サービスを提供しています。今後も航空・宇宙・防衛産業をはじめとするお客様のビジネスを理解し、継続的に品質の向上に真摯に取り組み、お客様のサプライチェーンの持続性と利益性に貢献します。

 

適用規格

JIS Q 9100:2016

登録範囲

航空、宇宙及び防衛産業関連顧客の部品保管・梱包、在庫管理及び輸配送業務

登録事業所

郵船ロジスティクス株式会社 中日本営業本部

郵船ロジテック株式会社 中日本支店

承認日

2018年6月14日

有効期限

2019年6月23日

 

JIS Q 9100:2016登録証

 

(*¹)JIS Q 9100:2016

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001に航空・宇宙及び防衛産業特有の要求事項を追加した規格。航空・宇宙及び防衛産業で使用する製品や部品には、その使用目的から厳しい品質管理が求められており、要求事項はISO9001の約1.5倍にあたります。

 

(*²)ISO 9001:2015

一貫性のある良質な製品・サービスを提供し、顧客満足度を向上するための品質管理システム規格。昨年10月に取得済み。

 

(*³)AOG

Aircraft on the groundの略で、航空機の緊急部品供給のこと。

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。