Jul 02, 2018

郵船ロジリンク 組織改編のお知らせ

輸出入申告官署自由化のメリットを生かして通関体制を変更

 当社グループ会社で国内における海上、航空貨物の通関業務を担う郵船ロジリンク株式会社(社長:若尾道康/以下 郵船ロジリンク)は、AEO*認定通関業者として更なるサービスの向上と業務の効率化を目的に組織改編を行い、7月2日から順次新体制で業務を開始します。

 

 昨年10月から始まった輸出入申告官署自由化により、AEO事業者については貨物が蔵置されている場所を管轄する税関官署に限ることなく、いずれの税関官署へも輸出入申告が可能になりました。郵船ロジリンクは、この制度を生かし、貨物を蔵置する場所はそのままに、拠点を集約し通関体制を変更します。

 

【改編のポイント】

①第一通関部と第二通関部を統合

 これまで、第一通関部は主に横浜港発着の海上通関業務を担い、第二通関部は東京港発着を主体とする海上通関業務及び航空通関業務を担ってきましたが、今回の統合により通関体制の一元化を図っていきます。

 

②東日本地区の主な通関拠点を3カ所から2カ所に集約、成田での申告を船橋に大幅移管

 都内で東京港発着の海上通関を担っていた東京通関営業所(品川区南大井)を廃止することに伴い、海上輸出通関業務を千葉県船橋市内に新設する東日本通関営業所に、海上輸入通関業務を郵船ロジリンク本社が所在する横浜通関営業所に移管します。横浜通関営業所は組織改編にあたり増床し、対応します。

 また、これまで成田空港発着の航空通関は成田ロジスティクスセンター内の通関営業所で行っていましたが、今後は一部業務を除いて、新設する東日本通関営業所(千葉県船橋市)に業務を移管します。貨物検査などの業務は同通関営業所に設ける成田分室が引き続き対応します。

 

 第一通関部、第二通関部を統合し、東日本地区の主な通関拠点を船橋と横浜の2カ所に集約することで業務効率化を図り、より高品質な通関サービスを提供します。また、社員の働き方改革の一環として、これまで成田に集中していた従業員の通勤への負荷を軽減することで、一人ひとりの業務成果の向上も期待できます。

 今回の組織改編により、専門性・専任性を更に高め、郵船ロジスティクスグループとして、よりスピード感を持ったシームレスな通関サービスを提供していきます。

 

(*)AEO(Authorized Economic Operator)とは国際物流におけるセキュリティ確保と円滑化の両立を図り、日本の国際競争力を強化するため、貨物のセキュリティ管理と法令遵守が整備された事業者に対し、税関手続きの緩和・簡素化策を提供する制度。

 

 

<郵船ロジリンク株式会社>

https://www.yusen-logistics.com/jp/japan/yusen-logilink

 

<新 通関組織図>

 

<改編・新設する通関営業所>

【改編】横浜通関営業所

住所

〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町6-113 オーク桜木町ビル4階

電話番号

045-641-5562

FAX番号

045-681-2446

業務開始日

2018年7月2日

 

【新設】東日本通関営業所

住所

〒273-0012 千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーと三井ビルディング7階722号

電話番号

047-495-0311

FAX番号

047-434-7100、7111

業務開始日

2018年7月17日

 

【新設】東日本通関営業所 成田分室

住所

〒282-0004 千葉県成田市古込字込前154-4

成田国際空港第1貨物代理店ビル315号

電話番号

0476-33-5880

FAX番号

0476-33-5541

業務開始日

2018年7月14日

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。