Nov 14, 2018

ナショナルスタッフの集合研修を合同開催

今年のテーマは「To drive“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”」

日本郵船株式会社

郵船ロジスティクス株式会社

 

 日本郵船株式会社(以下 日本郵船)と郵船ロジスティクス株式会社(以下 郵船ロジスティクス)は10月29日から5日間、海外オフィスで勤務するナショナルスタッフ(注)向け研修「Global NYK/YLK Week 2018」を日本で開催し、日本を含む世界各地から選抜した28人が参加しました。

 

 本研修は、2012年から日本郵船と郵船ロジスティクスが合同で開催しており、管理職を中心とする参加者が国や会社、部門の垣根を越えて交流を深めることでネットワークをさらに強化することを目的としています。

 

 今年は本年3月に策定した日本郵船グループの中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”について、同計画をどのように推し進めるか、日本郵船グループがより競争力を高めるには何をすべきか等を議論したほか、変化の激しい時代において求められるリーダー像や自身のビジョンについて掘り下げて考えるワークショップを実施しました。また、両社の社長をはじめとする経営幹部へのプレゼンテーションを通じて事業運営への参加意識を高めました。

 

 最終日には東京のオフィスを離れて、日本特有の文化に触れる機会を設けました。京都での坐禅体験では日頃の喧騒を忘れ、心、呼吸、身体を落ち着かせる術などを学びました。

 

 参加者が5日間の研修で得た知見・経験をそれぞれの職場に持ち帰り、同僚に展開すると同時に、当研修で立てた個々のアクションプランを日々の業務・生活で実行に移すことを期待します。

 

 日本郵船グループは、今後も社員の多様性と挑戦する気概を尊重しつつ、革新を生む人材の育成に力を注ぎ、夢と誇りを持って働ける環境作りを目指します。

 

(注)ナショナルスタッフ

現地法人で勤務する現地採用の社員。

参加者集合写真

前列左から6番目: 日本郵船株式会社 取締役専務経営委員 吉田芳之

前列左から7番目: 当社 取締役常務執行役員 上田康彦

 

グループディスカッションの様子


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。