Dec 13, 2018

積荷に関する輸送技術の特許取得

あらゆるサイズ・形状の重量物における輸送効率の向上

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)はエアーバッグと発泡スチロールを用いた輸送技術を新たに開発し、特許を取得しました(特許第6421264号-積荷の固定装置および固定方法)。鉄鋼製品をはじめとする重量物の海上コンテナバンニングにおいて、より積載効率が高く、お客様のご要望に柔軟にお応えできる技術です。

 

 2013年から当社は発泡スチロール(EPS*)を用いて効率よく、高い安全性を持って重量物を海上コンテナに積載するサービスを提供しています。通常はコンテナ内で荷崩れすることを防ぐために熱処理された木材、ラッシングベルト、帯鉄を使用し貨物を固定する方法が一般的ですが、EPSを固定資材として採用し、木材使用ゼロを実現することで、環境に優しく、振動・衝撃に強い輸送サービスの提供を行っています。

(従来サービス:https://www.yusen-logistics.com/jp/resources/press-and-media/1907

 

新輸送技術を用いたコンテナ内の様子

 

【新輸送技術の仕組み】

 今回、エアーバッグと従来サービスで用いているEPSを組み合わせた輸送技術を新たに開発・特許取得し、サービスを開始しました。

 

新輸送技術を用いたバンニングの様子 

 

EPSを用いた従来サービスのバンニングの様子

 

 従来サービスでは、海上コンテナをEPSで埋めて、貨物を固定します。新輸送技術では、お客様の貨物とコンテナ側壁の波板形状にそれぞれ合わせた2種類の形状のEPSブロックを用います。貨物とコンテナ側壁の間に2種類のEPSブロックを入れ、その間にエアーバッグを挟み、膨らますことで接地圧を利用し、EPSがずれず、貨物を固定する仕組みです。

 

【新輸送技術のポイント】

柔軟なバンニング作業

 EPSブロックの間に挟むエアーバッグの空気量を調整することであらゆる貨物サイズに柔軟に対応し、特殊な荷役機材なしで貨物をコンテナ内に固定することができます。また、使用するEPSブロックは、一般的な自動車用鋼板などの貨物形状に合わせた金型で作製することで汎用性が高いブロックとなり、お客様のご要望に沿った場所でのバンニング作業が可能です。

 

コンテナ積載効率の向上

 並列できない大きさの貨物を斜めに段積みすることで、コンテナ内に大きなスペースを残さずに積載することが可能です。このような特殊なバンニング作業であっても、エアーバッグと貨物形状に合ったEPSブロックを使用することで、バンニング時に作業員による作業品質のバラつきがありません。

 

新輸送技術を用いた斜め段積みの様子

 

着地でのデバンニング作業の簡易化

 従来サービスでは、高い安全性を持って輸送するためにEPSの接地圧が強く、貨物の取り出しが困難でした。新輸送技術では、EPSブロックの間にあるエアーバッグを取り除くことで、簡単にEPSを取り外すことができます。

 

環境負荷の低減

 新輸送技術は従来サービス同様にEPSを使用しており、環境に優しい輸送技術です。EPSは世界中多くの国、地域でリサイクル仕組みが確立されているプラスチック製品の1つです。今後も環境への配慮を意識するとともに、お客様のニーズに合わせたサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供していきます。

 

(*)EPS(発泡スチロール)

EPSは体積の98%が空気、2%が原料という省資源素材で、性質変化が少ないという特徴から100%リサイクルが可能です。


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。