Feb 28, 2019

Global Headquarters設置のお知らせ

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は、グローバルで一貫した品質とサービスを提供し、競争力のある強固な基盤を持つ会社となるため、全社企業戦略と方向性を策定するGlobal Headquartersを新たに設置します。

 

 当社は、グループ経営理念で定義した「世界で認められ選ばれ続けるサプライチェーン・ロジスティクス企業となる」というMissionを達成するため、4つの基本戦略を中長期経営計画“TRANSFORM 2025”で策定しています。その中の1つ、GLOBAL UNITY「強固なビジネス基盤を持ち、世界のどこでも安定した競争力のあるサービスを提供する」を実現するために、成長へと導くグローバル機能を強化し、個社の連合体から、共通のブランドとビジョンで結ばれた強固なネットワーク企業へと変革すべく、組織変更を実施します。

 

【組織変更のポイント】

1.日本極からグローバル本社機能を分離し、新たにGlobal Headquartersを設置

2.Global Headquartersの主要拠点は日本と香港

 

 Global Headquartersは郵船ロジスティクス株式会社(在日本)およびYusen Global Freight Management Limited(在香港)を主要な拠点として「CEO, COO, CBDO, CFO, CHRO, CIO」(*)を中心にグローバル経営戦略の策定・実行を統括していきます。全社成長を加速させることに注力し、大局的な観点に立った迅速な意思決定を行います。各極(日本、米州、欧州、東アジア、南アジア・オセアニア極)は明確なグローバル方針のもと、各地域の成長に貢献する役割を担い、郵船ロジスティクスグループ内で一貫性のあるサービスを提供していきます。

 

 私たちは当社グループ内の連携をより一層強め、One Yusen Logisticsとしてグローバルでシームレスな組織を構築していきます。

 

(*)CEO(Chief Executive Officer)、COO(Chief Operating Officer)、CBDO(Chief Business Development Officer)、CFO(Chief Financial Officer)、CHRO(Chief Human Resource Officer)、CIO( Chief Information Officer)

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。