Sep 20, 2019

関西りんくうロジスティクスセンターをオープン

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島 健二)は、関西国際空港貨物地区にて運営中の航空貨物ターミナル(関空ロジスティクスセンター)を大阪府泉佐野市りんくう地区へ移転し、関西りんくうロジスティクスセンターとして10月1日から営業を開始します。

 

 関西りんくうロジスティクスセンターには、BCP対策として発電機を設置し、非常時でも電源が確保できる体制を整えます。施設内には中央監視システムを完備しており、お客様の大切な貨物を24時間365日監視し、盗難などのリスクからお守りします。

また、今回の移転により通勤時間の短縮を実現し、リフレッシュスペースの充実を図るなど働きやすさにも配慮した環境を整備することで、従業員エンゲージメントの向上を実現していきます。

 

 本移転を機に、今後もより一層サービス品質の向上を図り、お客様にご満足いただけるサービスの提供へとつなげていきます。

 

<施設概要>

名称

関西りんくうロジスティクスセンター

所在地

大阪府泉佐野市りんくう往来北5-3

延床面積

約5,800㎡

営業開始日

2019年10月1日

 

関西りんくうロジスティクスセンター外観


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。