Jan 06, 2020

商事始め式社長あいさつ

 1月6日に行われた当社商事始め式における社長:水島健二のあいさつです。

 

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 年頭に当たり一言ごあいさつ申し上げます。まずは、皆さんの日々の活躍ならびに2020年を共に無事迎えられたことに感謝したいと思います。

 

【2019年の振り返り】

 昨年を振り返ってみると、米中貿易摩擦や英国のEU離脱交渉の長期化、不安定な中東情勢、中国経済の減速などにより、世界経済は先行き不透明な状況で推移しました。このような経済情勢の中、当社海上・航空事業の取扱量は減少したものの、ロジスティクス事業を中心に全社で収益性の改善に取り組んだことで一定の効果がみられました。日本国内においては、昨年も幾度か大型台風に見舞われましたが、これまでの教訓を生かしながら円滑な物流の維持に努め、グループ一丸となって尽力してくれた皆さんに、ここで改めて感謝の意を表したいと思います。昨年4月には、中長期経営計画‟TRANSFORM 2025”の基本戦略の一つであるGLOBAL UNITY「強固なビジネス基盤を持ち、世界のどこでも安定した競争力のあるサービスを提供する」を実現するために、グループ全体の企業戦略と方向性を策定するGlobal Headquartersを立ち上げて経営体制のスピード化を図り、新しい組織の下で取り組みを進めてきました。事業をまたいだアプローチに加え、各事業のさらなる強化を狙って、第4の事業に育てるべくサプライチェーン・ソリューショングループも設置し、新たなソリューションへの取り組みも行いました。また、グローバルでValues(私たちの価値観)に基づく9つの行動モデルを人事評価制度に取り入れたことで、私たちが大切にしていることを見つめ直した1年になったかと思います。

 

【新3カ年計画 ーお客様に寄り添い選ばれ続ける会社にー】

 2020年は‟TRANSFORM 2025”の達成に向けて中間フェーズに入り、新3カ年計画がスタートする年です。国際物流を取り巻く足元の事業環境は、決して明るいとは言えない状況ですが、デジタルフォワーダーによる新規参入やAI/IoTの活用といった新しい動きもあり、リスクとチャンスが混在する局面だと考えています。このような状況だからこそ、将来にわたり‟One Yusen Logistics”を構築するための強固な基盤固めにしっかりと取り組まなければなりません。Global Headquarters設置も基本戦略GLOBAL UNITYを実現するための取り組みの一つでしたが、新3カ年計画ではより事業基盤を強化し、安定的な収益構造の確立へとつなげていきます。デジタル技術も取り入れながら効率的な業務改善とリソース活用の追求を進め、プロセスの見直しを既存事業中心に強化し、儲かる会社にしていきます。私たちのMission(私たちの使命)である「世界で認められ選ばれ続けるサプライチェーン・ロジスティクス企業となる」ためには、私たちにしかできないことをやらなくてはなりません。それには、当社の強みであり財産である皆さん一人ひとりが、お客様にしっかりと寄り添い、新しいバリューを生み出していくことが必要です。質にこだわり、高付加価値を提供する挑戦をしていきましょう。強固な事業基盤の下で、お客様に寄り添って物事の本質を見極める力を働かせ、徹底してサービス品質の向上に取り組み、新しい価値を創造することでお客様と共に成長していく。まさにMission達成のための4つの基本戦略であり、この方針と連動した施策を展開していきたいと考えています。

 

【Valuesに基づく9つの行動モデルを意識して】

 新3カ年計画の推進にあたっては、皆さんが気持ちよく主体的に行動を起こせるよう、働きやすく、また統一感のある職場環境の構築や制度作りに取り組んでいきたいと思います。例えば日本では組織ごとにフリーアドレスを採用し、在宅勤務やリモートオフィス利用を推進するなど働き方改革を加速させ、また本社のスリム化を行います。制度面に関しては、今年度からグローバルで統一された新しい人事評価制度を導入し、9つの行動モデルに沿った評価基準を設けた取り組みをスタートさせていますが、この浸透を図っていきます。これは‟TRANSFORM 2025”を推進させていく上でとても重要な取り組みです。9つの行動モデルを評価にひもづけることで、行動モデルがさらに浸透し私たちのDNAとして郵船ロジスティクスらしさに磨きをかけ、私たちの取り組みに独自性をもたらします。ここで私から皆さんにお願いです。自分自身の行動を今一度振り返り、一人ひとりが主役だということを再認識してください。皆さんの日々の積み重ねを、これに則った行動を実践していくことで、必ず、私たちは圧倒的な世界に広がる一つのチームとなります。今日から‟TRANSFORM 2025”中間フェーズがスタートする2020年が始まります。今日を機に、改めてValuesを意識した世界中の皆さんと、私たちの目指す姿に向かって着実に歩みを進めていきたいと思います。

 

【結び】

 当然ながら、私たちが挑戦し続ける過程においては、その行動は法令に則ったものでなくてはなりません。過去と向き合い、コンプライアンス違反防止に対する取り組みは継続して行っていきます。ここで今一度お話しておきたいのは、行動モデルに示すとおり、一人ひとりがOpennessでProactivityにCommunicationをとっていくことこそが、ガバナンス機能の強化にもつながるのだということです。皆さん一人ひとりの行動が会社を支え、そしてつくりあげ、グローバル競争の中でも確固たる存在感を示す私たちのブランドとなるのです。私を含めた経営陣はもちろん、一人の例外もなく、皆さん各自の行動が重要です。一人ひとりが何事も自分事として捉え、仲間の意見やアイデアを尊重し気持ちよく連携しながら、本年も挑戦し続けてくれることを強く願っています。

 

 最後になりましたが、皆さんとご家族が健康で実り多き年になることを祈念し、新年のあいさつといたします。

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。