Dec 21, 2020

世界初AI融着機「TYPE-72C+」の初出荷を手配

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:神山亨)は、住友電気工業株式会社の世界初AI技術搭載融着接続機「TYPE-72C+」の初出荷を手配しました。

 

 当社はお客様のニーズにお応えし、徹底した高品質なサービスを提供していたことが評価され、「TYPE-72C+」の初出荷を担いました。「TYPE-72C+」は住友電気工業株式会社が販売を開始した、世界で初めて独自AI技術を利用し融着精度・融着効率を大幅に向上させたコア直視型光ファイバ融着接続機です。

 11月25日には販売開始記念イベントが開催され、当社も初出荷をサポートした企業として参加しました。世界中で通信ネットワーク網が拡大していく中、当社は引き続き、「TYPE-72C+」の出荷をサポートします。

 

 今後もお客様のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスをグローバルに展開してまいります。

販売開始記念イベントの様子

 

住友電気工業株式会社のプレスリリース

https://sei.co.jp/company/press/2020/09/prs093.html

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。