Sep 29, 2015

アムステルダムに医療・医薬品専用のGDP倉庫を開設

 当社ベネルクス法人Yusen Logistics (Benelux) B.V.(Managing Director:Piet Boogaard)はアムステルダムの空港倉庫に医療・医薬品専用のGDP(*)倉庫を設けました。欧州における航空輸送のハブ拠点として、陸上輸送網、海上輸送サービスと連携し、ヘルスケアの総合物流サービスを提供します。

 新倉庫はアムステルダム・スキポール空港に隣接し、航空貨物をメインに取り扱います。同倉庫はGDP(Good Distribution Practice)に準拠するとともに、15℃~25℃の範囲での温度管理や有害生物防除機能を有し、冷蔵庫では2℃~8℃の温度設定が可能です。欧州域内の医療・医薬品で、同倉庫で一時保管や梱包、通関の後、速やかに北米やアジア各国に航空輸送されます。

 9月24日の開所式には製薬会社や空港関係者、メディアなど約150人が出席しました。当社代表取締役社長・倉本博光はスピーチで「新倉庫のオープンは当社ヘルスケア物流の戦略上、重要な一歩です。サプライチェーンの先にいる患者様を常に意識しながら、当社をご利用いただくお客様に価値ある物流サービスを提供していきたい」と述べました。

 これにより欧州発ヘルスケアの物流サービスが更に強化され、総合物流サービス体制が充実しました。既に展開している、域内50,000地点をカバーする定温混載輸送サービスPharma Superhighwayをはじめ、ベルギー・アントワープにある医薬品専門のGDP倉庫、近年では病院や薬局などエンドユーザー向けの配送にも注力し、高品質な物流サービスでお客様の物流需要にお応えしています。また、アフリカ向けに定温海上混載輸送サービスを提供するなど新興国への物流サービスを充実してきました。新倉庫のオープンで陸海空のサービス連携がより密になり、シームレスなサプライチェーンを構築します。

 当社はグループ中期経営計画"GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"でヘルスケアを産業別強化セグメントの一つに掲げています。今後も欧州で培ったヘルスケア物流の実績とノウハウを世界展開するとともにサービスの標準化を進め、販売拡大を進めていきます。

(*)GDP Good Distribution Practiceの略で医薬品の物流に関する基準
 

写真

開所式での鏡割り

(左から右)

Etienne Vesseur,  Branch Manager Yusen Logistics Schiphol

Ian Veitch, CRO Yusen Logistics Europe

倉本 博光, 郵船ロジスティクス社長

Piet Boogaard, Managing Director Yusen Logistics Benelux

Bart Pouwels, Director Business Development Amsterdam Airport Schiphol Cargo