Nov 05, 2015

インドネシアに新倉庫オープン

 当社インドネシア法人PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia(社長:大角浩征)はジャカルタ近郊のMM2100工業団地に新倉庫をオープンし、11月2日(月)に営業を開始しました。

 新倉庫は約6,000m2、一大消費地であるジャカルタやタンジュンプリオク港、スカルノハッタ国際空港ヘのアクセスが良く、物流拠点として至便な立地にあります。周辺には製造業を中心に多くの企業が進出しており、新倉庫のオープンにより同エリアの旺盛な物流需要に対応します。

 取扱商品は自動車産業を中心とする製造業への原材料や部品で、お客様の調達や生産に関わる物流を担います。また、保管、在庫管理、流通加工、クロスドックなどの各種ロジスティクスサービスに加え、ミルクランやJIT配送の拠点としての機能も備えており、お客様の様々な物流ニーズに対応が可能です。新倉庫の稼働により、同社が自社運営する倉庫は4拠点、約41,000m2に増強されます。

 今後もインドネシアに展開する郵船ロジスティクスグループで、倉庫と海上・航空フォワーディングやトラック配送、通関などのオペレーションを組み合わせ、高品質な総合物流サービスをご提供します。

 

  

          外観                    内部

 

<概要>

名称

PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia

Warehouse No. 3

住所

Jl. Selayar Block B2-5&6 MM2100 Industrial Town Cikarang Barat Bekasi 17530, Indonesia

面積

5,620m2

稼働日

2015年11月2日(月)