Oct 28, 2021

マレーシア・オーストラリアで医療・医薬品における輸送品質基準のGDP認証を取得

 当社マレーシア法人TASCO BERHAD(Chief Executive Officer:ANDY LEE WAN KAI 以下:TASCO社)傘下のGold Cold Transport Sdn Bhd(以下:GCT社)、Gold Cold Integrated Logistics Sdn Bhd(以下:GCIL社)および当社オーストラリア法人のYusen Logistics (Australia) Pty. Ltd. (社長:野口洋和)は、医療・医薬品の輸送品質基準であるGDP⁽*¹⁾認証を取得しました。

 

 GCT社とGCIL社はマレーシア保健省とNPRA⁽*²⁾の指針に基づきGDP認証を9月21日に取得し、これにより医療・医薬品の管理や倉庫・輸送サービスの提供が可能となりました。TASCO社はコールドチェーンサービスのさらなる拡大を図るため、事業を一元管理する子会社を2018年に設立し、GCT社やGCIL社を傘下に置いた体制で運営をしています。

また、当社オーストラリア法人はシドニーとメルボルンの2拠点で航空貨物輸送におけるGDP認証を2月24日に取得しました。

(左)TASCO社子会社 GDPプロジェクトチーム (右)当社オーストラリア法人GDP認定証

 

 当社グループは医療・医薬品物流の強化をグローバルで進めています。現在世界25の国と地域、計43拠点にGDP認証・準拠体制を構築しており、さらなるGDPネットワークの拡大に向けて取り組んでいます。今回のマレーシア・オーストラリアにおけるGDP認証取得によって、当社はさらにグローバルで高品質な医薬品物流を確立し、お客様のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスを展開していきます。

 

⁽*¹⁾Good Distribution Practiceの略で医療・医薬品の物流に関する品質基準。

⁽*²⁾NPRA (National Pharmaceutical Regulatory Agency)。国家医薬品規制庁。

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。