Apr 13, 2016

香港に冷蔵・冷凍施設をオープン 輸入食品の取り扱いを強化

 当社香港法人Yusen Logistics (Hong Kong) Limited(社長:榎本 浩人)はセン湾区の自社倉庫に冷蔵・冷凍施設を設置し、3月14日に営業を開始しました。当社が香港に冷蔵・冷凍施設を設けるのは初めてとなります。

 同施設はこれまで電子電気機器関連品を中心に各種物流サービスを提供していましたが、日本や欧州からのeコマースをはじめとした食品輸入の需要増加を受け、Tsuen Wan Logistics Center(総面積約17,000m2)内に冷蔵、冷凍施設を設置しました。

 冷蔵施設は2℃~5℃、冷凍施設は-18℃~-15℃の温度帯での保管が可能で、加工食品や生鮮品、酒類など幅広く取り扱います。また、冷蔵、冷凍保管だけでなく、入出庫や流通加工(仕分けやラベル貼付)、梱包、非居住者在庫への対応など各種ロジスティクスサービスを提供します。また、今後はCFS機能を生かしたリーファー海上混載サービスの拠点としての活用も検討します。

 当社はグループ中期経営計画 "GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-"で食品を産業別強化セグメントの一つに掲げており、今般オープンした新施設と海上・航空フォワーディングを組み合わせ、お客様の多様化する物流ニーズに付加価値のあるサービスを提供していきます。

<施設概要>

名称 Tsuen Wan Logistics Center
所在地 14/F., Ever Gain Center, 43-57 Wang Wo Tsai Street, Tsuen Wan, N.T. Hong Kong
面積

Tsuen Wan Logistics Center(約17,000m2)

・冷蔵施設(約100m2)

・冷凍施設(約100m2)

営業開始日 2016年3月14日

 

庫内の様子(手前が冷蔵施設、奥のスペースが冷凍施設)